忍者ブログ
東方Projectについてやその2次創作について書かれまくるところです。 来客歓迎ですがお茶は出ませんよ。
[181] [180] [179] [178] [177] [176] [175] [174] [173] [172] [171]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前回は桁番号を設定し、桁ごとに数字を表示する場所を用意しました。

今回は実際に数値を表示する方法です。
簡単に言うと、配列を使います。
しかし、普通に使ってもしょうがないので、文字列化します。
そうすることで、桁番号の桁数を指定することができます。
1フレームごとにすることは、
Scoreの桁数を取得
GetScoreのString化
桁番号の数字(文字列)の取得
数字の文字列によって数字の表示
です。
********************************************************************
/*補足:
keta:桁番号
Nlenth:桁数
*/
       let Numberstr = ToString(GetScore)[Nlenth-keta];
       let Number;
       if(Numberstr == '0'){Number =0;}
       else if(Numberstr == '1'){Number =1;}
       else if(Numberstr == '2'){Number =2;}
       else if(Numberstr == '3'){Number =3;}
       else if(Numberstr == '4'){Number =4;}
       else if(Numberstr == '5'){Number =5;}
       else if(Numberstr == '6'){Number =6;}
       else if(Numberstr == '7'){Number =7;}
       else if(Numberstr == '8'){Number =8;}
       else if(Numberstr == '9'){Number =9;}
********************************************************************
こんな感じでNumberによって数字を表示させてます。
簡単ですがカラクリ紹介は終了です。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
Twitter
プロフィール
HN:
都倉 欅(とくら けやき)
性別:
非公開
趣味:
見ての通り。
自己紹介:
個人サークル
「吹鳴夢遊団」のまとめ役やってます。(一人しかいませんが)
当サークルではなんやかんやをやってます。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索